借地借家法と借地権

借地権といった言葉を聞いたことがあっても、何となく土地に関する権利かな、と想像はできるものの、詳しいことはわからないといった人が多くいるのではないでしょうか。借地権とは読んで字のごとく、第三者から地代を支払う代わりに建物利用などで土地を借りることができる権利のことを言います。そのため、この権利については土地を借りてアパート経営などをしている方や、土地を貸している地主さんにとっては身近なものかもしれません。

借地権は、民法の特別法である「借地借家法」において適応されます。借地借家法は、地主に比べて経済的にも立場的にも弱い借家人や借地人を守る為に作られた法律で、民法よりも優先され、賃借人にとっての権利が強化されるという特徴があります。

現在施行されている借地借家法は、平成4年8月1日からスタートしたもので、それまでは大正時代から70年以上に渡って施行されてきた旧法にのっとって借地権は適応されていました。しかし、旧法の借地権では、本来守られるべき立場であった賃借人の権利が強くなりすぎてしまい、地主が一度土地を貸してしまうとその土地を回収するのが困難になるトラブルが多発しました。それにより、今度は地主の権利も守ることを含めた新法が誕生したのです。

当サイトでは、借地借家法と借地権について、できるだけわかりやすく解説していくことを心がけています。借地権や土地に関する悩みや疑問をお持ちの人は参考にしてみてはいかがでしょうか。